モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?結成25周年を2022年9月14日に迎えたモーニング娘。

老舗アイドルグループでありながら、現在もアイドル街道をひた走る彼女達ですが、低迷していた時期もあります。

低迷?オワコン?と言われていた時代や、売れなくなった?と言われている理由をまとめます。

モーニング娘。時代区分

現在、モーニング娘。の時代区分として、今現在、大きく3期に分かれていると言われています。

ファンの間でも議論はありますが、創世記(1997~1999前半)革変期(2004~2007前半)ふくむらみず期(2014~現在)など細かく分けているファンの方もいるのも事実です。

黄金期

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?主にデビューから安倍なつみが卒業する2004年位までを指していると言われてます。

1999年リリースした「LOVEマシーン」がミリオンヒットになり、その後のリリース曲もミリオン級のヒットを連発します。

また、後藤真希の加入やミニモニ。などの派生ユニットが爆発的に人気になり彼女達を国民的アイドルへと押し上げていきました。

12枚目のシングル「ザ☆ピース」でのジャケット衣装が金色だったので、黄金期という呼び名の由来と言われています。

プラチナ期

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?主に高橋愛がリーダーに就任し9期メンバー加入までを指すと言われています。

TVやメディアでの露出が減り、パフォーマンスに磨きがかかった時代です。

9枚目のアルバム「プラチナ9DISC」がプラチナ期という名前の由来になったと言われています。

カラフル期

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?9期メンバーが加入し道重さゆみが卒業する2014年までを指すことが多いです。

しかし、カラフル期の定義は難しく、現在もカラフル期と一図けているファンも多く存在しています。

メンバーも一気に入れ替わり、個性的なメンバーが並んだと言うことからカラフル期の名前の由来と言われています。

モーニング娘。低迷・オワコンはプラチナ期?

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?黄金期の人気は時代にマッチしていた為、爆発的に拡大していました。

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?黄金期支えたメンバーの卒業やTV露出の減少、そして人々の音楽への接し方など色々要因が重なり、モーニング娘。の活動は地に足のついたものへと変わっていきます。

この頃から低迷、オワコンという言葉が聞こえてきました。

アイドルはクオリティー

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?2007年4月から2011年1月までの4年間、モーニング娘。に新メンバーの加入ありませんでした。

毎年春と秋に行われている単独ツアーでファンに自分たちの変化の過程を見せれる、という観点からもとても安定した時期だったといえます。

単独ツアーに足を運んでくれたファンに最高の自分たちを魅せる!

リーダーだった高橋愛を中心にアイドルとはかけ離れた圧倒的に高いパフォーマンス魅せるようになったのもこの時期です。

暗黒期との言われているプラチナ期ですが、ファンにとっても、後のモーニング娘。にとっても大事な期間となっています。

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?ファンが直接観てくれるライブに活動のメインを置いたこと、モーニング娘。史上1番長くメンバーが固定されたことで、ステージ上でのパフォーマンスは突き抜けたクオリティーに達しました。

プラチナ期はモーニング娘。の今の礎になっています。

モーニング娘。が売れなくなった理由は?

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?売れなくなった理由を考える前に、売れた理由を考えてみたいと思います。

色んな意見を調べさせていただきましたが、最終的に私的な考えになってしまいます。

ご了承ください。

モーニング娘。が売れた理由として考えられるのは、無駄を無くして本当の自分をさらけ出した彼女達に共感した人が多く居たのではないかと私なりに思っていました。

普通の子が自分を変えていくプロセスを画面越しに見せることで、応援したくなる心理をついている?かは分かりませんが、近年のオーディション番組も、同じ手法のような気がします。

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?売れなくなった理由として考えたのが、そもそもモーニング娘。はカテゴリーはアイドルなのかという事です。

プラチナ期で築いた、歌やダンスのクオリティーがそのまま維持され、他のアイドルとは一線を引いたパフォーマンスを見せてくれるモーニング娘。をアイドルとして見てはいけないのだと思います。

低迷期と呼ばれた時代に地に足を突き、自己を高めあい高クオリティーのパフォーマンス力を身に着けた彼女達は、アイドルとして見るのではなく、アーティストとして見ていただいた方が良いのだと感じています。

ついてしまっているイメージの払しょくは難しいと思いますが、多くの方がアーティストとして見ていただけたら、オワコンなどと言われなくなるはずです。

まとめ

モーニング娘。人気ない・低迷・オワコンなど売れなくなった理由は?色々調べてみると、低迷期・暗黒期と呼ばれていた時代の時が1番ファンを獲得しています。

現役のアイドルの方もプラチナ期のモーニング娘。に憧れてアイドルを目指した方が多数いらっしゃいました。

今では伝説のプラチナ期とまで言われるようになり、ファンとしては当然と思っていますが、AKBやももいろクローバーなどが出てきたアイドル戦国時代がプラチナ期だということも覚えていて欲しいです。

 

おすすめの記事