ももいろクローバーz(ももクロ)担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーも?

長きにわたって活躍をしている、ももいろクローバーz(以下ももクロと略します)ですが、彼女たちに担当メンバーカラーがあるのは、どうしてでしょうか?
誰がどうやって決めたのでしょうか?
その由来や変更の逸話などに迫ってみたいと思います。

大活躍のももいろクローバーz(ももクロ)のメンバーカラーの由来は?

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

結成当時は全員がピンクを希望したらしくて!
マネージャーさんはさぞ困ったことでしょうね( ´艸`)
そこで、当時人気だった戦隊シリーズになぞらえて、マネージャーさんがそれぞれに担当メンバーカラーを決めたのです。

個性輝くももいろクローバーz(ももクロ)のそれぞれの担当メンバーカラーについて

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

初めは6人だったももクロですが、現在は4人で活躍しています。
それぞれの担当メンバーカラーについて、風水の知見を交えてご紹介していきましょう。

百田夏菜子 赤(レッド)

「茶畑のシンデレラ」とも呼ばれる彼女は、風水では生命力・情熱・活力を表す赤が担当カラー。
夏菜子さんは結成当初から、センターをつとめてきました。

玉井詩織 黄色(イエロー)

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

「みんなの妹」とも呼ばれる彼女は、風水では陽気でポジティブ・楽しさ・幸せを表す黄色が担当カラー。
詩織さんは甘えん坊で泣き虫で、可愛がられるタイプですね。

佐々木彩夏 桃色(ピンク)

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

ももクロ最年少でありながら一番しっかり者の彼女は、風水では愛らしい・優しい・安らぎといわれるピンクが担当カラー。
彩夏さんはアイドル的なそぶりが魅力です。

高城れに 紫色(パープル)

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

ももクロ最年長で内弁慶な彼女は、風水では仕事運や出世運を表す紫が担当カラー。
れにさんはおっとりしていて、マイペースな性格です。

ももいろクローバーz(ももクロ)担当メンバーカラーを変更したいってホント?

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

半分冗談のようなお話しですが、とある番組で高城れにさんについて、話題が盛り上がったいきさつがあります。
紫がメンバーカラーの高城れにさんは、阪神タイガースの大ファンで、オフの時には野球観戦に出かけて、夢中になることも。
タイガースグッズも沢山持っています。
リハーサルでは、グッズを身につけてきたりすることもあります。

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

ですので、タイガースが好きすぎて、担当メンバーカラーを紫から黄色に変えたいと、無茶な希望があることが明かされました( ´艸`)
現在紫のままなので、希望は通らなかったということですね。

ももいろクローバーz(ももクロ)2014年には担当メンバーカラー交換ライヴで、混乱ステージも開催!

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

2014年のとあるライヴでのこと。
佐々木彩夏さんが主張しました。
「ファンのみんなは好きな色があって、その色の担当メンバーを推しにしてるんじゃないの?」
というわけで、くじ引きでそれぞれの色を決め、普段と違う色の衣装をまとってのステージとなったのです。

ところが、歌うパートまで交換したため、お決まりのセリフやパートを忘れることもあり、波乱万丈のライヴとなりました。
しかし、観客はそのドタバタぶりも、面白いと楽しんでいたようです。

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

結局途中からは、普段のパートに戻し、佐々木彩夏さんがこう言い放ちました。
「ねえみんな、自分のパートの大切さわかった?」と。
新しいことをやってみて、普段の大切さを知る絶好のきっかけだったようですね。
面白いことをやるなぁと思いました。

まとめ

ももいろクローバーz担当メンバーカラーの由来は!変更希望メンバーもいた?

実は私はパソコンにかじりついてばかりで、テレビを見ないので、ももクロについては、名前くらいしかわかりませんでした。
アイドルなんて、若いうちが華でしょと、タカをくくっていました。
しかし、この記事を書こうとリサーチしていくうちに、彼女たちのすばらしさに魅了されていったのです。
太田胃散や楽天トラベルなどのCMでも活躍されていますね。
ももクロの担当カラーは、風水でも素晴らしい意味合いを持ち、もしかしたら決めたマネージャーさんには風水の知見があったのではないかと疑うほどです。

<ももクロの歩み>
・始めはストリートライヴで、CDを手売りしていた。
・熊本の震災やコロナ救済の基金に、何度も多額の募金をしている。
・熊本の震災時には、覆面で炊き出しに参加した。
・タイトル「ツヨクツヨク」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」など、聴いてみたくなるキャッチーなタイトルの楽曲が多い。
・布袋寅泰(ほていともやす)さんなど、多くの有名ミュージシャンとタイアップの実績がある。
・彼女たちは個性がはっきりしており、6人から4人に減っても、その魅力を維持し続けている。

以上のように、数え上げると沢山の実績と経験を積んでおり、その人気の裏にある、彼女たちの誠実な人間性をかいま見ました。
もちろん、ミュージックユニットとしてのダンスや歌唱力も太鼓判を押せます。

それぞれの個性の担当メンバーカラーで、輝きを放ち続けてほしいと願います。
これからのももクロの活躍にも、ぜひ注目して頂きたいですね。
ももクロの楽曲をスマホで聴きながら、終わりといたします。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

おすすめの記事