女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

皆さんは「女王蜂(じょおうばち)」というバンドを知っていますか?

ビジュアルも楽曲も歌声も独特な雰囲気を醸し出す4人組ロックバンドです。

今回は女王蜂を知らない皆さんのために、女王蜂のメンバーについて人気順にランキング形式でご紹介します!

音楽シーンで異彩を放つロックバンド、女王蜂(じょおうばち)とは?

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

女王蜂は、2009年に兵庫県神戸市で結成され、神戸のライブハウス「神戸マージービート」を拠点に活動をスタートしました。

最初の頃は純粋なロックバンドというより、ドラムを叩かず木魚を叩いていたり、を鳴らしていたりと独特なスタイルのライブで、かなりアンダーグラウンドな不思議な雰囲気の漂うバンドでした。

しかし結成から約1年後「FUJI ROCK FESTIVAL 2010」の新人枠に選出され、一気に勢いを増しました。

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

そして2011年、結成からわずか2年という速さでメジャーデビュー。

さらに同年、映画「モテキ」のメインテーマとして「デスコ」が起用されたことで、新人にも関わらず一躍有名になりました。

初期の独特な雰囲気も残しつつも、ロックバンドとしてのカッコ良さや演奏力も強力に進化し、唯一無二な存在感を放っています。

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

特に、アヴちゃんの中性的で妖艶なビジュアルをはじめメンバーの魅力は、誰にも真似できないものがあります。

楽曲は、ガレージロックグラムロックの要素を持つオルタナティヴなサウンドと、昭和歌謡的なテイストを感じるメロディの融合に加えて、アヴちゃんの男性的でもあり女性的でもあるボーカルスタイルは一度聴いたら忘れられないインパクトです。

女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング!

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

女王蜂は4人組ロックバンドです。

それぞれが独特な魅力を醸し出す女王蜂のメンバーを、独断と偏見で人気順にランキングしながらご紹介します。

第4位 ひばりくん

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

ひばりくんは女王蜂の男性ギタリストです。

2012年に前任のギタリストであったギギちゃんが脱退し、その後サポートメンバーとして参加するようになりました。

そして2015年に正式にメンバーとなりました。

色白でスラっとしたスタイルからひ弱そうにも見えますが実は結構筋肉質で、ライブではエモーショナルなプレイを見せてくれます。

4人の中では最後に入ったメンバーであるため、謎めいた部分もありますが、イケメンなビジュアルとギタープレイのカッコ良さから女性ファンが多いようです。

 

第3位 ヤシちゃん (赤鳥居ヤシ)

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

ヤシちゃんは、セクシーでクールな女性ベーシストです。

美形でとても色気のあるビジュアルは、男性ファンを魅了しているのではないでしょうか?

クールなルックスとは裏腹に、ドンシャリサウンドの激しいプレイには、女性ベーシストのカッコ良さを感じますね。

そういう点では女性のファンも多そうです。

 

第2位 ルリちゃん (虹ヶ峰ルリ)

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

女性ドラマールリちゃんは、ヤシちゃんとはまた違ったセクシーさを持っています。

結成当初はドラムではなく木魚を叩いていたのが印象的でした。

ですが、今は迫力あるパワフルな彼女のドラミングが女王蜂のサウンドを支えていると言えます。

アヴちゃんと同じくハーフのようなルックスですが、実はルリちゃんはアヴちゃんの妹なんです。

 

第1位 アヴちゃん (薔薇園アヴ)

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

1位はやっぱりボーカルアヴちゃんでしょうか。

ビジュアル的な象徴であるのと同時に、作詞作曲もアヴちゃんが中心となり制作されており、女王蜂の要だと思います。

性別は公表していませんが、とても美的センスに優れたジェンダーレスな存在です。

私も情報がなかった当初は女性だと思っていました。

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

男性的な低音から女性的な高音までをミックスして歌うボーカルスタイルは独特で、女王蜂の音楽性の幅を広げているのではないでしょうか。

元BLANKY JET CITYの中村達也、東京事変/ペトロールズの長岡亮介(浮雲)、RIZEのKenKenら大物ミュージシャン達と共に「獄門島一家(ごくもんとういっか)」というスペシャルバンドでも活動していました。

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

番外編

サポートメンバー みーちゃん (ながしまみのり)

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

女王蜂のライブでの5人目のメンバーともいえる存在のみーちゃん

キーボーディストとして、ライブだけでなくレコーディングのアレンジなどにも関わっています。

ほとんどメンバーと言っていいくらいの存在です。

他にも「ポルカドットスティングレイ」などのサポートもしています。

以前は、プロジェクションマッピングなど新時代のアートやデジタルコンテンツを多く開発、発信している「チームラボ」という会社でアート作品に関わっていたそうです。

女王蜂のサウンドやアーティスティックな雰囲気に一役買っているとも言えますね。

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

元メンバー ギギちゃん (百合城ギギ)

 

ロックバンド、女王蜂(じょおうばち)のメンバーを人気順にランキング形式で紹介!

 

ひばりくんの前任のギタリストギギちゃんです。

原因不明の腕の痛みにより、2012年にやむ無く脱退してしまいました。

ギギちゃんもアヴちゃんと同じくジェンダーレスなビジュアルで謎めいた存在でした。

 

元メンバー ゆうきさん

初期の女王蜂に在籍していたギタリストです。

あまり情報はありませんが、結成当時はアヴちゃん、ルリちゃんだけの時期や、アヴちゃん、ルリちゃん、やしちゃんの3人の時期もあったので、ゆうきさんの在籍期間はかなり短かったと思われます。

 

まとめ

今回は女王蜂のメンバーをランキング形式で紹介してみました。

アヴちゃんをはじめ、メンバー全員がかなり個性的な存在感を放っていて、常にファンを飽きさせないバンドだと思います。

デビュー当時はディスコ歌謡とも言われるような音楽性でしたが、最近は色々な音楽性を取り入れ、さらに多彩で独特なサウンドを展開しています。

2021年2月には初の日本武道館ライブも開催し、今後さらに大きくなっていくバンドだと思うので、ぜひ女王蜂の音楽に触れてみてください!

おすすめの記事