KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?
     

2018年、宇多田ヒカルとのコラボレーションで突如現れたような印象のあるラッパー、KOHH(コウ)

でも実は、ヒップホップの世界ではそれ以前から独特の存在感を知らしめていました。

今回は、KOHHとはどんなアーティストなのか、そして宇多田ヒカルとの関係性やコラボのきっかけなどについてご紹介します!

 

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

ラッパーKOHH(コウ)とは?

KOHH(コウ)のプロフィール

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

KOHH(コウ)
本名 : 千葉雄喜(ちば ゆうき)
1990年4月22日生まれ
東京都出身

18歳の頃にプロデューサーの理貴とレコーディングなど活動をスタート

ミックステープ(ヒップホップ界特有のアルバムとは差別化した音源集)を無料配信などでリリースし始めました。

その後、プロデューサー318こと高橋良と出会い、GUNSMITH PRODUCTIONと契約。
2014年にアルバム「MONOCHROME」で本格的にデビューしました。

その後もミックステープやアルバムをコンスタントに発表し、急速に存在感と知名度を広げていきました。

全身に施されたタトゥーと少し強面のビジュアルがインパクトありますが、本人は比較的物静かな感じのようです。

 

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

 

KOHHは、宇多田ヒカルとのコラボ以前から注目さていた!?

 

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

 

KOHHの音楽は、トラップという新しいヒップホップのビートを取り入れ、しかも基本的にはほとんど日本語のリリックをカッコ良く乗せているのが特徴的。

さらにそのリリックのセンスは、父親の自殺や母の精神的な病、貧困な幼少期など彼の生い立ちや人生経験をダイレクトに感じられるリアルさがあります。

ヒップホップ界では異彩を放ちながらも、それまでのヒップホップファンだけでなく、新しくヒップホップを聴き始めた人、また海外からも注目されるようになりました。

KOHHと宇多田ヒカルの関係、コラボのきっかけは?

KOHHと宇多田ヒカルの関係は?

 

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

 

KOHHと宇多田ヒカルの関係は、コラボレーションをするまではお互いがファンだったそうです。

実際にKOHHは、自身の楽曲に宇多田ヒカルの「SAKURAドロップス」をサンプリングしていたり、ミュージックビデオで、宇多田ヒカルの「Goodbye Happiness」のミュージックビデオをオマージュしていたりもしました。

また、KOHHは日本では誰とコラボしてみたいかという質問に「宇多田ヒカルとONE OK ROCKのTaka」と答えていたそうです。

一方、宇多田ヒカルも知人からKOHHの音楽を教えてもらい、ファンだったそうです。

出会うべくして出会ったという感じがしますよね。

KOHHと宇多田ヒカルのコラボのきっかけは?

 

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

 

宇多田ヒカルは2010年に活動を休止し、2016年に復帰しました。

復帰後初のアルバム「Fantome」に収録する予定で作っていた「忘却」という曲に、ディレクターからラップを入れるというアイディアを提案され、宇多田が注目していたKOHHにオファーすることになったそうです。

KOHHはオファーを受け、宇多田が住むロンドンを訪れました。

最初はレコーディングをせず、食事をしたりお酒を飲んだりしながら、お互いの音楽の趣味について話したり、「忘却」のタイトルについてやお互いの生い立ちや想いなどを話したそうです。

ディスカッションした上で、KOHHパートのリリックは彼に全て任せてレコーディングしたということで、他の人の歌詞が入るのは初めてだったということも含めて、宇多田はKOHHに大きな信頼と共感を持っていたのが分かりますね。

 

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

 

その後も「忘却 featuring KOHH」ミュージックビデオが制作されたり、宇多田ヒカルのネットイベントやインスタライブにもKOHHが出演したりと親交は続いているようです。

 

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

 

まとめ

今回は、ラッパーのKOHHの紹介と、宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけなどについてご紹介しました。

KOHHは宇多田ヒカル以外にも、ONE OK ROCKのTakaや日本のヒップホップの大物たちに加え、マライヤ・キャリーフランク・オーシャンなどの海外の大物アーティストともコラボレーションしており、ジャンルや国境を越えて活躍しています。

 

また、テニスプレイヤーの大坂なおみ選手日本語の勉強としてKOHHのラップを聴いているという事も話題となりました。

 

でも実は、2020年4月29日にリリースされたアルバム「worst」をもってKOHHは活動を終了すると発表したのです。

 

KOHH(ラッパー)と宇多田ヒカルとの関係、コラボのきっかけは?

 

確かに「worst」以降、流通しているアルバムのリリースなどはありません。

しかし、活動終了の発表後に出演した宇多田ヒカルのインスタライブでは「今も曲は作っている」という発言があったり、メンバーサイト限定のミックステープはリリースしたりもしています。

 

その後もイベントや客演などでライブには何度か出演しているため、活動終了は撤回したのか、またはKOHHという名義でのリリースは最後で、別名義での活動を計画しているという可能性はありますね。

唯一無二のスタイルと、才能、注目度を考えると、これからも何らかの形で音楽を発信してくれることを期待したいと思います。

     
おすすめの記事