BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

BiSは、タレントのファーストサマーウイカが所属していたアイドルグループとして有名になりました。

ですが、彼女が所属していた当時のBiSは、過激なPVやライブで客席へのダイブ等、なんでもありで、アイドルに触れるやばいライブパフォーマンスをする過激なアイドルグループとして界隈では有名でした。

そんなBiSの当時のライブ状況やBiSとはどんなアイドルグループのか?、現在のBiSについてまとめていこうと思います。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

BiSってどんなアイドルグループ?

2010年、歌手活動をしていたプー・ルイ「アイドルグループをやりたかった」と発言したことがきっかけで、2010年11月から活動を開始しました。

マネージメントは現WACK社長の渡辺淳之介氏、音楽プロデューサーに、今はBiSH等、WACKのアイドルグループの音楽を手掛け自らもバンド活動をしている松隈ケンタ氏が担当することになりました。

日本語名称として「新生アイドル研究会」、英称として「Brand-new idol Society」と呼称・記述され、ライブのスタートは必ず「私たち、新生アイドル研究会、BiSです。」からスタートします。

ファンは研究会を研究するという事で、「研究員」と総称されています。

BiSは、解散と再結成を繰り返しながらも、010年から現在まで長い期間、活動しているアイドルグループです。

2010年~2014年までの活動を1期BiS2016年~2019年の活動が2期BiS2019年~現在までが3期BiSとして活動中です。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

1期BiS

事務所はつばさレコーズ所属

破天荒なプロモーション手法トラブルをトラブルで解決していくような現実とシナリオがごちゃ混ぜになった炎上商法で有名となり、タイトルや上記にあるように、ほぼ全裸の状態でのMVや客席へのダイブや何でもありで過激なライブパフォーマンスを繰り返し行い、目標だった武道館での解散コンサートを武道館側からNGを出されるほどでした。

2014年7月8日、武道館からはNGを出されたので会場は横浜アリーナに変更となりましたが、「BiSなりの武道館」と銘打たれた公演をもって解散しました。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

2期BiS

2期から事務所は渡辺淳之介氏が設立した株式会社WACK所属。(プロモーションはつばさレコーズとの共同)

解散から2年後の2016年7月8日プー・ルイ、渡辺、松隈により新メンバーを募集した上で本格的な再始動を発表

1期のような過激さは少なくなったが、BiS1st(ビスファースト)、BiS2nd(ビスセカンド)の2部制「BiS.LEAGUE」の導入し、二組を競わせて売り出してみたり、他のWACK所属のアイドルグループからのレンタルやトレード等を行い、常に新しい事に試行錯誤しながら取り組んでいた。

2019年4月から5月にかけて行う全国ツアー「BiS Are you ready to go? TOUR」を最後に解散を発表。それに伴い、再結成オーディションの開催がアナウンスされた。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

3期BiS

株式会社WACK所属。(プロモーションはつばさレコーズとの共同)

再結成オーディションを経て、2期解散から1カ月後の2019年6月11日に始動

2019年8月4日 - TOKYO IDOL FESTIVAL2019でWACKメンバーが出演するスペシャルプログラム「WACK presents DREAMLIGHTS in TIF」にシークレット出演し、初ライブを行った。

3期BiSは今でも活動継続中です。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

BiSの過激でやばいライブパフォーマンスとは?

BiSは、プロモーションからして何でもあり、炎上上等という感じで活動をしていて、ライブパフォーマンスも客席へのダイブは当たり前、ファンとの距離が物理的にも近い距離で触れるような状態でライブをしたり、鳥の贓物や生麺を客席に投げ込んだりと過激でやばいライブパフォーマンスを行ってきました。

その一部を紹介したいと思います。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

ビキニ姿で客席にダイブ?

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ2014年4月13日の沖縄outputで行われたラスト全国ツアー<THE BiS WHO SOLD THE WORLD TOUR>初日はメンバー全員がビキニ姿でライブを行っていました。

ライブの登場時に、CO2噴射機で、CO2を噴射しながら登場したメンバーの5人は全員がビキニ姿でした。

その姿を見たファンは興奮し、おっぱいコールを連呼し、会場内は熱気に包まれていました。

ライブが始まり、そして5曲目の「iDOL」を歌っている最中に事件は起ったのです。

メンバーのカミヤサキがビキニ姿にも関わらず、客席へダイブしたのです。

ビキニ姿ですから体のあちこちをさわれる状態で、カミヤサキはファンの頭の上を歩いて行ったのです。

今ではいろんな意味で考えられないライブパフォーマンスだと思います。

全裸ダイブの可能性もあった?全国ツアーファイナルライブ

2014年6月12日、東京・新宿ステーションスクエアで行われたフリーライブにて、メンバーから解散ライブの開催の発表がありました。

この重大発表を行うため新宿でのフリーライブにどうしても人を集めたいとする運営側は、その前日に仙台で開催された全国ツアーファイナルライブの当日、メンバーに全裸で客席にダイブすることを求めたという。

これには今まで過激なパフォーマンスを行ってきたメンバー達も困惑し、SNSで苦しい胸中を吐き出していました

メンバーや運営側、ファンや関係者の間で揉めに揉めたため、全裸ダイブはまぼろしと消えました。

もしメンバーがOKしてたら実際にやっていたと思いますので、興奮したファンが触ったりとかして大事件になっていたかもしれません。

そしたら今のBiSHとかの存在はなかったと思いますので、個人的にはホッとしました。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

ライブ中に客席に鳥の贓物や生麺を投げ込む過激なパフォーマンス

ここではまた違った意味での過激なライブパフォーマンスを紹介したいと思います。

BiSと非常階段のコラボによるユニット「BiS階段」のライブ中には、鳥の贓物や生麺、謎の液体等が観客席に次々と投げ込まれていくという過激なパフォーマンスを行っていました。

そのライブでは、「どんなことがあっても主催は責任は負いません」という誓約書にサインが必須で、上記とはまた違った過激さもあったのです。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

これはほぼほぼ1期BiSでの話であり、その後、世の中が規制等でうるさくなってきて、こういう過激で話題になるようなアイドルはいなくなってきましたが、彼女たちはたくさんの伝説と爪痕を残し、後のWACKのアイドルグループにも受け継がれていると思います。

現在のBiS

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ現在のBiSは、過激さこそ薄れていってはいるものの、現在のアイドルでは絶対にしないようなことに挑戦し続けているアイドルグループになっていると思います。

例えば、「thousand crickets」という楽曲では曲が流れている間はずっとスクワットをし続けるとか「CURTAiN CALL」のMVでは、「CURTAiN CALL」を、101回も踊りながら全力で歌うという、アイドルではやらないような体を張った事をたくさんやってきています。

今の情勢やコンプライアンス的に過激な事をするのが難しくなってきている中でも他のアイドルとは違う事をして活動をしています。

まとめ

ここまでBiSの過激でやばいライブ客席へのダイブ等ファンが触れるライブパフォーマンスBiSというアイドルグループについてまとめてきました。

今もそうですが、当時のアイドル戦国時代に生き残るために、運営側、メンバーも炎上してでも売れたい、客席にダイブしてファンに触られたり、過激でヤバイライブパフォーマンスをしてでも生き残りたいと考えた結果だったのかなと思いました。

行きつく先は全裸ダイブだったみたいですが、さすがにそこまでは出来なかったようです。

彼女たちの頑張りによって、今いるWACKのアイドルグループは成り立っていますので、彼女たちの頑張りは、無駄ではなかったと思います。

BiSのライブはやばい?客席へダイブでアイドルに触れる過激ライブ

 

おすすめの記事