BTSの「ON」について考察してみましょう!

  1. みなさんもご存知の方が多いかと思いますが、BTSは韓国のヒップホップ7人グループで今回ご紹介する「ON」の作詞作曲はメンバーのRMさんがされました。RMさんはメンバーではメインラップを務めています。
  2.  MVのロケ地について   今回のMVロケ地となった場所は、アメリカのロサンゼルスにある「セプルベダ・ダム」という海から少し離れた場所に位置しています。ダムが作られた理由は、雨の少ないロサンゼルスですが、数年に一度に大雨が降ることがありそのの洪水を防ぐため、市民を守るために米陸軍工兵隊のプロジェクトで1941年に完成しました。6,650,561ドル(日本円:8億8240万円)もかけて設計したそうです。ロサンゼルスへ行く機会があれば、是非行ってみるのもいいかもしれませんね!

歌詞を考察してみましょう!

3.今回は1番の歌詞に注目して考察していってみましょう!「I can't understand what people are sayin'」を直訳すると「私は人々が何を言っているのか理解できない。」という意味になりますね。次の歌詞にリズムという言葉があります。繋げて考察していくと「他の人が色ろな意見を言っていてどの人の意見を聞いたらいいのかわからない。」ということが考えられます。いろんな人の意見を取り入れたはいいが取り込みすぎて悩み苦しむ影が生まれてしまった。目が覚めるといつも場所とは違うとこにいる自分。立ち上がってみると体がふらついていて、それが影なのか爪先なのかわからない。「怖くない訳ない」と自分に言い聞かせて黒い風船と一緒に「今いる世界と別の世界へ俺を連れて行って」と解釈できます。MVにいた黒い衣装をきた人たちはもしかしら影を表していたのかもしれませんね。

最後に…

⒋ 今回はこのような考察とさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?他の曲の歌詞を人解いてくと、各々の考察や他の視点から見てみてみるのも面白いかもしれませんね。また自分に置き換えて、この曲のことを考えてみて違うことに気づくかもしれません。これからのBTSの曲も楽しみになってきそうです。

おすすめの記事