Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

今、大注目のアーティストVaundy(バウンディ)

今回はVaundyの人気の理由やすごさについて、天才的とも言われる曲の作り方などにも注目してまとめてみます!

Vaundy(バウンディ)ってどんなアーティスト?

 

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

Vaundy(バウンディ)は、東京出身のソロのシンガーソングライターです。

2019年6月、Youtubeにオリジナル曲「pain」のミュージックビデオを投稿したことを皮切りに活動を本格的にスタートしました。

9月に発表した配信シングル「東京フラッシュ」のミュージックビデオは2ヶ月で100万再生を超える大ヒット。

Vaundyの名前を知らしめるきっかけとなりました。

 

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

2020年、Spotifyのネクストブレイクアーティスト「Early Noise 2020」、スペースシャワーによる「SPACE SHOWER RETSUDEN NEW FORCE」に選出され、注目のアーティストとして期待を集めました。

その後、1stアルバム「strobo」をリリースし、収録曲である「灯火」がドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌に起用され、一気に知名度を高めました。

他にも「Spotify Premium」や、トヨタ「カローラクロス」のCMソング、ドラマ「僕の殺意が恋をした」、ABEMA「彼とオオカミちゃんには騙されない」などのタイアップにも起用、注目度の高いアーティストとなってますよね。

Vaundy(バウンディ)の人気の理由

 

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

Vaundy人気となっている理由の一つは、やっぱり音楽性でしょうね。

「東京フラッシュ」に代表されるような新世代のシティポップ的なサウンドは、SuchmosNulbarichなどの登場と合わせて、おしゃれさと今っぽさが若者に受け入れられたのだと思います。

また、元々はネットでの歌い手としても活動していた過去があり、自ら全てを作り上げるボカロP的なスタイルも、米津玄師などの存在ともリンクして人気となっているところがあるかもしれません。

さらに、彼の歌声も人気の要因だと思います。

YUIや家入レオなどを輩出したボーカルスクール「音楽塾ヴォイス」出身という経歴もあり、歌唱力とともに伸びやかで耳馴染みの良い声も印象的です。

正直言って、Vaundyはビジュアル的にカッコいいというイメージではないと思います。

 

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

アーティスト名の由来ともなっている中学時代のあだ名である「バウンドボール」というのも表しているとおり、どちらかというとぽっちゃり体型ですね。

でも、そのほんわかした柔らかいイメージが馴染みやすさになっているというところもありつつ、楽曲の格好良さとのギャップにもなっていて、そう言った部分も人気の一因かもしれません。

Vaundy(バウンディ)のすごさ。曲の作り方が天才的?

 

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

音楽性や歌声など、人気となっているポイントには、彼の凄さを秘めています。

Vaundy2000年生まれのまだ21歳という若さにして、その才能には注目を集めています。

作詞、作曲、編曲、リミックス、プロデュースに加えて、アートワークや映像の制作にも携わるという多彩な才能の持ち主なんです。

中学生の頃から「Cubase」という音楽制作ソフトで曲作りを始め、現在もほとんどのサウンドの構築をDTMで自らが一人で作り上げています。

5.5畳という小さな制作スペース、PCはiMac Pro、キーボード、ギターという最小限の環境で、様々な音楽を生み出しているそうです。

 

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

しかも1曲の作曲にかける時間は5、6時間というスピードで作り上げてしまうとか。

そこで作り上げられる楽曲のセンスの良さと、アレンジ能力は相当なレベルの高さで、業界内でも若き天才として注目されているようですね。

NulbarichやAimer、Chilli Beans. などとのコラボレーションに加え、世界的なアーティストLAUV(ラウヴ)のリミックスも手がけたり、最近では、ソニー完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」のCMソングとして話題となった、milet × Aimer × 幾田りらによるコラボレーション曲「おもかげ (produced by Vaundy)」の楽曲プロデュースを手がけ、楽曲力、アレンジ能力、プロデュース力と各方面で注目をされています。

 

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

Vaundy(バウンディ)人気の理由やすごさまとめ!曲の作り方が天才的?

 

まさに、天才とも言える才能を早くも発揮していますね。

これをきっかけに、Vaundyとしての活動に加えて、プロデュースワークも増えていくのはないでしょうか?

まとめ

今回は、Vaundyの人気の理由やすごさについて、天才的とも言われる曲の作り方などにも注目してまとめみました。

Vaundyの人気と、天才的な音楽の才能には、これからさらに注目が集まっていきそうですね!

おすすめの記事