なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

ジャニーズの人気7人組アイドルグループなにわ男子。

昨年「初心LOVE」でデビューすると、若い女性を中心に注目を集めている、今人気急上昇中のグループです。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

そんななにわ男子の最年長メンバーである、藤原丈一郎さん。

実は藤原さんは大の野球好きで、ダンスレッスン時は野球のユニフォームを着ていることが多いんです。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

中でも、特に大ファンであるオリックス・バファローズの試合をよく観戦しているそうです。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

今回は、藤原さんがなぜオリックスファンになったのか、いつからファンなのか、また好きな選手についてご紹介していきたいと思います。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?

きっかけは「じゃがいも」?

藤原さんがオリックスファンになったきっかけは、過去にオリックスが行っていた「じゃが割り」というキャンペーンなんだそうです。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

「じゃが割り」とは、チケットを購入する際に「じゃがいも」を見せることで最大1200円割引になるキャンペーンのことです。

ちょっと変わったキャンペーンですが、これがきっかけでオリックス好きとなり、今ではオリックスの大ファンだと公言するまでになったんですよ。

オリックスの試合を何度も観戦している

オリックスファンの藤原さんは、オリックスの試合会場に何度も足を運んでおり、度々その姿が目撃されているんですよ。

オリックス対ヤクルト戦の試合会場では、関ジャニ∞の横山裕さんと一緒に野球観戦をする藤原さんが目撃されています。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

また別の日には、なにわ男子のメンバーである道枝駿佑さんと野球観戦に行ったと話していました。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

本当にオリックスがお好きなようですね。

なにわ男子 藤原丈一郎はいつからオリックスファン?

先程もお伝えした通り、藤原さんがオリックスファンになったきっかけは「じゃが割り」です。

こちらキャンペーンが行われていたのは2012年頃ですので、約10年ほど前からオリックスファンだと言えるでしょう。

また、元々藤原さんは野球自体がお好きだったので、野球ファンになったのはもう少し前からではないかと考えられます。

 

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

野球好きが高じて野球中継のオファーが来た

藤原さんは、野球好きが高じて、大好きな野球関連のお仕事を沢山されているんです。

甲子園球場で行われた「阪神タイガース対オリックス・バファローズ」のテレビ中継にゲストとして出演し、名解説ぶりが野球ファンからも絶賛されていました!

また、オリックスが26年ぶりの優勝を決めた試合の直後、藤原さんはMBSテレビで放送されたオリックス日本一の緊急特番にも出演し、ファンを代表して喜びの声をあげていましたよ。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

なにわ男子 藤原丈一郎の好きな選手は?

ここまで藤原さんのオリックス好きをご紹介してきました。

では、藤原さんの好きなオリックスの選手はどなたなのでしょうか?

藤原さんはオリックス・バファローズT-岡田選手の大ファン

藤原さんが好きな選手はT-岡田選手です。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

T-岡田選手 は、2006年からオリックスに在籍している左利きの選手です。

関西MBSの情報番組「せやねん!」のスポーツコーナーでは、藤原さんがT-岡田選手に初めて会って嬉しさのあまり涙する場面も見られました。

その後、サイン入りの愛用グローブやサイン入りバットをプレゼントしてもらったようで、藤原さんは大喜びでしたよ!

まとめ

・藤原丈一郎は、観戦チケットが安くなる「じゃが割り」キャンペーンがきっかけでオリックスファンになった。

・今から約10年前の2012年頃からオリックスのファン。

・好きなオリックスの選手はT-岡田選手で、サイン入りグローブやバットを貰っている。

なにわ男子 藤原丈一郎はなぜオリックスファン?いつから?好きな選手は?

今回は、藤原さんがなぜオリックスファンになったのか、いつからファンなのか、また好きな選手についてご紹介しました。

野球好きが仕事に繋がることは、ご本人にとってもファンにとっても嬉しいことですよね。

今後も、野球関連のオファーがたくさん来ることを楽しみにしたいと思います。

おすすめの記事