da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

2011年に結成したda-iceは、女性を中心に人気実力派ダンス&ボーカルグループです!

グループ名da-iceは、「dance」と「dice(サイコロ)」を合わせた造語です。

サイコロが6面のうちひとつでも欠ければ転がらないように、5人のメンバーに加えてスタッフやファンという支えてくれる人たちがいなければ成り立たないことを意味しています。

また、da-iceの「a-i」には“愛のあるグループでありたい”というメッセージが込められています。

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

2020年に発売された21枚目シングル『CITRUS』は、誰もが一度は聴いたことがる大ヒット曲!

YouTubeでは15,000万回もの再生回数、日本レコード大賞の大賞受賞曲でもあります。

da‐ice(ダイス)のメンバープロフィール

花村 想太(はなむら そうた)のプロフィール

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

ポジション:ボーカル・パフォーマー

生年月日:1990年8月15日

出身地:兵庫県

身長:167㎝

メンバーカラー:赤

愛称:はなそー、むらた、そたろー

4オクターブという驚異の広音域で、ボーカリストとして圧倒的な実力を持ています。

芸能界入りのきっかけは、avexグループとUSENによる共同開催オーディション「a-motion'08」でグランプリを受賞したこと。

作詞作曲も担当しており、自身のバンド「Natural Lag(ナチュラルラグ)」、ミュージカルの主演などもマルチな活躍をする才能の持ち主です。

多くの魅力を持つ花岡さんは、グループ内人気No1といわれています。

工藤 大輝(くどう たいき)のプロフィール

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

ポジション:パフォーマー

生年月日:1987年6月28日

出身地:北海道小樽市

身長:172㎝

メンバーカラー:青

愛称:大輝めん、めんめん

daiceのリーダーを務める工藤さん。

パフォーマーでありながら作詞作詞作曲も手掛け、da-iceだけでなく他のアーティストへの提供も行うほどの実力を持っています!

ファッションやアイドル、アニメにも詳しく、“オタク”としての一面も持っています。

TBSラジオ「TALK ABOUT」のパーソナリティーを務めており、自身の好きな音楽・ファッション・アイドル・アニメなどについてゲストと楽しく話をしています。

和田 颯(わだ はやて)のプロフィール

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

ポジション:パフォーマー

生年月日:1994年2月3日

出身地:群馬県伊勢崎市

身長:163㎝

メンバーカラー:オレンジ

愛称:颯くん、てーはや、はやちゃん

グループ最年少でメンバー内では、末っ子のような存在です。

avexオーディションに合格した当時はまだ12歳だったそうです。

ダンス歴ではグループ内で一番長く、非常に高い表現力とスキルを持っています。

2016年9月にはTRFのSAMプロデュースのPOWER STATION vol.9にてナンバーを手掛けたり、Youtubeでダンス動画「Wagic Hour Works」を不定期で配信するなど、ソロでのダンスの仕事もしています。

また、無類の猫好きで、ペットのシエル(メインクーン・雄)とエト(ベンガル・雄)の二匹の猫を溺愛しているそうです。

岩岡 徹(いわおか とおる)のプロフィール

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

ポジション:パフォーマー・LIVE演出

生年月日:1987年6月6日

出身地:千葉県

身長:170㎝

メンバーカラー:紫

愛称:徹くん、徹先生

10代からバックダンサーとして芸能関係の仕事をしながら、メンバーで唯一社会人経験のある岩岡さん。

法政大学出身という高学歴の持ち主で、クイズ番組でも活躍されています。

通っていた千葉県内の高校(不明)は進学率25%と、進学校ではなかったようで、大学受験はかなり努力したのではないでしょうか。

また、自身のフレグランスブランド「Diario(ディアリオ)」を立ち上げるほどの香水マニアで、他にも飲む日焼け止めサプリ「Sol White」などの商品プロデュースも行っています!

さらに、舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」で主演を務めるなど、俳優としても活躍されています。

大野 雄大(おおの ゆうだい)のプロフィール

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

ポジション:ボーカル・パフォーマー

生年月日:1989年4月1日

出身地:愛知県

身長:170㎝

メンバーカラー:黄色

愛称:ゆーだい、ゆーでぃ

大野さんはグループ名の名付け親で、また、モノマネが得意なムードメーカーとしてクールな見た目とのギャップが魅力でもあります。

ボーカルとしての実力は非常に高く、学生時代には2009年「青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ」に、腹筋学園でボーカル兼リーダーとして出演した経歴を持っています。

また、釣りが趣味「avex釣り部」で部長を務めたり、釣り専門チャンネル『釣りビジョン』の人気チャンネル「五畳半の狼」にゲスト出演もしています。

da-ice(ダイス) レコード大賞受賞までの苦労・下積み時代

da-ice(ダイス) メジャーデビュー前の下積みエピソード

最初のライブは観客はたったの10人!?

da-iceを企画したavexの社員さんは、社内で役職についているような人ではなかったようで、最初は事務所内でもほとんど知られていないグループだったとか。

da-iceを結成して初めてのライブの観客は10人くらいしかいなかったそうです。

それでも地道に活動を続けるうちに少しずつファンが増えていき、結成2年後インディーズデビューを果たしました!

しかし、事務所からのサポートも十分ではなく、同窓会から部活動へと昇格したぐらいの変化だったそうです。

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

お蕎麦事件

インディーズデビュー後に、初めて担当のスタッフさんに食事に誘われお蕎麦を食べに行った時。

それまでは、事務所が期待をしているグループではなかったため、食事代などはメンバーの自腹だったそうです。

さすがに、デビューしたら事務所のスタッフさんが奢ってくれると思い、皆少し高めのメニューを頼んだら、お会計は個別会計で「そんなに甘くないんだな」と自分たちの立ち位置を実感させられたそうです。

いつもより高めのメニューを注文してしまったために、電車賃が足りなくて、皆で最寄り駅まで歩いて帰ったそうです。

da-ice(ダイス) 念願のメジャーデビュー 思わず涙した瞬間も

AAAのオープニングアクトも経験し、着々と知名度を上げたda-iceは2014年にメジャーデビューを果たします!

一番うれしくて、一番ビックリした瞬間

デビュー曲の「SHOUT IT OUT」のリリースイベントで、デイリーランキング2位を取ったと聞いたメンバーは、予想にもしてしなかった高順位に嘘だとも思ったとか。

共働きで忙しはずの花岡さんの両親が見に来てくれていて、花岡さんのお母さんが泣いているのを見てメンバー全員もらい泣きしてしまったそうです。

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

da-ice(ダイス) レコード大賞受賞「CITRUS」制作エピソード

一度聴いたら忘れられないメロディーと、強く優しい歌詞が魅力の大ヒット曲「CITRUS」。

YouTubeでは15,000万回再生、日本レコード大賞受賞を受賞しました。

YouTubeでは15,000万回もの再生回数、日本レコード大賞の大賞受賞曲でもあります。

しかし「いい曲だけどシングルにする曲ではないんじゃないか」「da-iceのイメージと合わないのでは?」と、メンバー的にはそこまで期待を賭けていた曲ではなかったようです。

da-ice「CITRUS」 歌だけでなくパフォーマンスもヒットの理由

パフォーマンスチーム・s**t kingzとの10年間の歴史

da-iceの振り付けを担当しているs**t kingzが考える振り付けがなければ、今のda-iceの"歌詞に沿った振り付け"や構成は全く違うものになっていたとか。

s**t kingzは、da-iceのインディーズのミニアルバムから振り付けを担当しており、ダンス&ボーカルグループの振り付けをするのはda-iceが初めてだったそうです。

da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

da-iceとs**t kingzの間に10年もの錯誤の歴史があったからこそ、多くの人を魅了する「CITRUS」のパフォーマンスが完成したのでしょう。

まとめ

実力派ダンス&ボーカルグループda-iceについて紹介しました。

圧倒的な実力の裏には、多くの苦労や悔しい経験があったのですね。

“「CITRUS」ではまだ、僕たち的には大ヒットとはいえない。”とまだまだ上を目指すda-ice。

これからの活躍もとっても楽しみですね。da‐ice(ダイス)のデビュー前の苦労や下積みのエピソードを調査!

おすすめの記事