ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

抜群にポップでキャッチーな楽曲が人気のバンド「Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)」

今回は、そんな数々のヒット曲を送り出しているMrs.GREEN APPLEの隠れた名曲や泣けるバラードについて紹介します!

Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)とは?

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)は、2013年に結成されたロックバンドです。

現在のメンバーは、大森元貴(ボーカル&ギター)、若井滉斗(ギター)、藤澤涼架(キーボード)の3人です。

2021年までは5人組バンドでした。

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

2015年のメジャーデビュー以来、数々のタイアップへの起用や、ヒット曲を送り出しています。

アリーナクラスのライブも開催する大人気バンドですね。

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

彼らのポップでキャッチーな楽曲には、クラシックにも通ずるドラマチックな展開と、メロディの起伏が効果的に含まれていて、壮大でありながら独特のポップさを醸し出しています。

また、ボーカルの大森元貴のハートーンで伸びやかな声も楽曲のキャッチーさをさらに増していて、とても耳に残るインパクトを感じます。

2020年にベストアルバムをリリースするのと同時に、Mrs. GREEN APPLEの「フェーズ1完結」を宣言。

それまで所属いていた事務所から独立し、活動休止を発表しました。

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

その後、活動再開に向けて準備を進めていましたが、2021年末にドラムの山中綾華とベースの髙野清宗が脱退を発表。

そして、2022年の春から「フェーズ2開幕」、大森、若井、藤澤の3人で活動を再開しました。

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)の代表的な人気曲

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

Mrs. GREEN APPLEの楽曲は、キャッチーでポップでありながら疾走感のあるロックサウンドが特徴的です。

まずは、彼らを代表的な人気曲を紹介します。

Speaking

メジャー1stシングルとなったこの曲は、アニメ「遊☆戯☆王ARC-V」のエンディングテーマに起用され、疾走感のあるキャッチーさには注目が集まり、オリコン週間ランキングで3位を獲得し、彼らの存在をアピールした代表曲です。

インフェルノ

アニメ「炎炎ノ消防隊」のオープニングテーマに起用された曲で、Mrs. GREEN APPLE特有の疾走化のあるポップロックです。

ロック色の強い楽曲ですね。

ストリーミング再生数は1億回を突破しました。

青と夏

映画「青夏 きみに恋した30日」の主題歌に起用されました。

映画の世界観ともリンクする夏の青空を連想させる爽やかな青春ソングです。

この曲もストリーミング再生数は1億回を突破し、まさにMrs. GREEN APPLEの代表曲と言える大ヒット曲です。

Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)の隠れた名曲

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

Mrs. GREEN APPLEには、有名な人気曲だけでなく、ファンが支持する隠れた名曲も多数あります。

そんな隠れた名曲のいくつかを紹介します。

StaRt

メジャーデビューミニアルバム「Variety」のオープニングを飾る曲です。

まさに彼らのスタートを感じさせるMrs. GREEN APPLEらしいポップでロックな名曲です。

リスキーゲーム

同じく「Variety」に収録された曲で、バンド結成時に制作されたMrs. GREEN APPLEの原点とも言うべき曲です。

アウフヘーベン

大森が高校の頃に作った曲で、いつかリリースしようと温めていた楽曲だそうです。

アップテンポでありながら、ピアノとストリングスが映える疾走感と壮大さを兼ね備えた曲です。

歌詞は「人の思想について書いた曲」と語っています。

Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)の泣けるバラード

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

Mrr. GREEN APPLEはキャッチーでポップなアップテンポ曲が特徴的ですが、バラード曲も人気です。

特に人気の高い、泣けるバラードを紹介してみます。

僕のこと

マーチングの要素を含む壮大なロックバラードです。

ストリーミング累計再生回数は1億回を突破し、Mrs. GREEN APPLEのバラードとしては代表的な楽曲です。

どこかで日は昇る

4枚目のシングルにして、 ドラマ「笑う招き猫」のエンディングテーマと同ドラマの映画版の主題歌にも起用されました。

アイリッシュミュージック的なフレーズからも哀愁を感じさせるバラードで、人生の葛藤などを歌う歌詞も人の心を揺さぶる名曲です。

umbrella

2ndシングル「サママ・フェスティバル!」のカップリングと、アルバム「Mrs. GREEN APPLE」にも収録された壮大なバラードです。

シングルのリード曲などではありませんが、ファンから人気の高いバラード曲です。

まとめ

 

ミセスグリーンアップル隠れた名曲や泣けるバラードを紹介します!

 

今回は、Mrs. GREEN APPLEについて、代表曲だけでなく隠れた名曲と泣けるバラードについて紹介してみました。

作詞作曲を担当するボーカルの大森元貴の才能とセンスは、多くの人の耳に残るキャッチーな要素があって、どの曲も名曲と言って過言では無いと思います。

「フェーズ2」に突入したMrs. GREEN APPLEは、これからも良い楽曲を発表し続けてくれると思います!

     
おすすめの記事