YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの歌唱力が酷評?生歌下手とか紅白が特にひどいとか言われたのはなぜ?

 

ボーカルのikuraさんの美声と、ポップでリズミカルなピアノが魅力のYOASOBI

(ヨアソビ)。

 

透き通り、安定感のある歌声が好評のikuraさんですが、「紅白での生歌がひどい!」「思っていたよりも下手だった」などと言われてしまったのだとか。

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの歌唱力が酷評?生歌下手とか紅白が特にひどいとか言われたのはなぜ?

「生歌が下手」と言われてしまった理由や、どうして生歌が下手なのか?という原因について調査しました。

 

 

 

YOASOBI(ヨアソビ)がは歌が下手と言われてしまう理由

紅白歌合戦での歌

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの歌唱力が酷評?生歌下手とか紅白が特にひどいとか言われたのはなぜ?

2021年の紅白歌合戦はYOASOBI(ヨアソビ)にとって2回目となる出場となりました。

第1回目の出演はデビューして間もない頃であったため、「異例の大型新人」などと話題にもなったことはまだ記憶にも新しいことと思います。

 

そんな2021年の紅白歌合戦では「群青」をはじめとしたNHKの番組のテーマソング「ツバメ」などを披露しました。

 

 

そのさいのパフォーマンスが「下手じゃない?」「生歌がひどい」などと”歌が下手”と言われてしまっているのです。

 

実際に声量が足りていない、音のズレなどは口コミやレビューなどを見ていても少なからずあったということがわかります。

 

しかし、やはりアーティストといえど人間ですので、多少のズレなどはあるかとは思いますが、「歌がうまい」「歌唱力がすごい」と有名なぶん、期待されているためにそのようなズレなどがあると厳しい意見も多く上がってしまうのでしょうか。

 

 

YOASOBI(ヨアソビ)と聞くと、歌がうまい、ボーカルの歌唱力の高さが有名のはず。

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの歌唱力が酷評?生歌下手とか紅白が特にひどいとか言われたのはなぜ?

 

それでは、どうして歌が下手と言われてしまうこととなったのでしょうか?

 

 

YOASOBI(ヨアソビ)の生歌が下手とされている原因

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの歌唱力が酷評?生歌下手とか紅白が特にひどいとか言われたのはなぜ?

生歌が下手とされてしまう原因として、レビューなどから次の2点が挙げられることがわかりました。

 

それでは早速、見ていきましょう。

 

原因①緊張・プレッシャー

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの歌唱力が酷評?生歌下手とか紅白が特にひどいとか言われたのはなぜ?

紅白歌合戦は、生歌の披露かつ生放送です。

決して失敗ができないという緊張から、音がずれてしまうことも考えられます。

 

アーティストとはいえど、1人の人間ですのでやはりそれだけの人に見られていて期待されているとなると緊張はしますよね。

 

それに、YOASOBI(ヨアソビ)は2回目の出場とはなるものの、観客ありでのパフォーマンスなどまだまだ経験が浅い年数になります。

 

そのため、やはり緊張をしていつもの調子が出ないことも十分にあります。

数をこなしても、ベテランのアーティストでも生放送などでは緊張する、などといったコメントをしているアーティストはいますものね。

 

緊張をしていると、音がずれてしまったり、声が小さくなってしまったりなどをしてしまうので、これらのことが「生歌が下手だ」と言われてしまう原因でしょう。

 

 

原因②楽曲自体のレベルが高い

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの歌唱力が酷評?生歌下手とか紅白が特にひどいとか言われたのはなぜ?

そもそも、YOASOBI(ヨアソビ)の楽曲のレベルの高さは、ファンでなくても聞いた人のほとんどが感じることでしょう。

 

音域の広さ、音の多さ、実際にボーカルのikuraさんは安定感のある歌声で難なく歌っていますが、楽曲自体のレベルはとても高いものになります。

 

YOASOBI(ヨアソビ)の歌をカラオケなどで歌おうとすると、音の多さで口が回らなかったり、音域が広すぎて音を取るのが難しかったりなどの経験はありませんか?

 

そんな高難易度な楽曲を実際生放送・生演奏で緊張などがある中歌うとなるとやはり多少のズレが出てしまうのはしょうがないのでは?という印象です。

 

実際に2021年に披露した「群青」は、1年前の2020年に披露した「夜に駆ける」よりも難しいと言われているようです。

 

YOASOBI(ヨアソビ)ikuraの歌唱力が酷評?生歌下手とか紅白が特にひどいとか言われたのはなぜ?

 

 

生歌が下手だと言われてしまうアーティストはYOASOBI(ヨアソビ)以外にも複数いますよね。やはりいくら歌が上手くてもその日のコンディションであったり、緊張などに気持ちや、音響や雑音との兼ね合いもあるのでしょう。

 

CDでの歌に聴き慣れている視聴者にとって、あまりにもずれてしまっていたり、音を外しているのならば言われてしまってもしょうがないですが、YOASOBI(ヨアソビ)に関しては声の小ささや、呼吸が続いていないなどの音以外の指摘が多い印象を受けます。

 

 

YOASOBI(ヨアソビ)は3年連続紅白出場なるか!?

Y

様々な意見が飛び交うYOASOBI(ヨアソビ)の生歌。

視聴者からに認知も高くなり、やはりメジャーになるとそれほどいろいろな意見が出てくるのはしょうがないですが、それほど影響力・関心が高いということですね。

 

YOASOBI(ヨアソビ)の生歌がひどいと話題にはなっていますが、YOASOBI(ヨアソビ)がリリースするが楽曲はどれも大ヒットしています。

 

あまり関心がない人などからの意見が多いだけであって、ファンなどは生歌が下手に聞こえてしまう理由などは十分に理解していて、それでも応援しているのだと思います。

Y

これから、どんなヒットチューンを出してくれるのか、今後のYOASOBI(ヨアソビ)の活躍にも期待していきたいですね!

 

 

 

 

     
おすすめの記事