MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5人で構成される独特のコンセプトのロックバンド「MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)」

ドラマやアニメ、CMなどのタイアップに加えて、ロックフェスなどにも多数出演するマンウィズについて、ダサい・嫌い・気持ち悪い?など、アンチの意見をまとめてみます!

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)の人気

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)は、2010年から活動をスタートし、2011年にアルバム「MAN WITH A MISSION」でメジャーデビューしました。

その独特のビジュアル、コンセプトが注目されるのとともに、月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の主題歌になった「Remember Me」や、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のオープニングテーマとなった「Raise your flag」など、数々の大型タイアップにも楽曲が起用されています。

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

アリーナクラスのライブ公演や海外ツアーも行い、毎年ロックフェスにも多く出演しています。

マンウィズのライブは、オーディエンスの盛り上がりも凄まじく、パフォーマンスにも定評があります。

真夏の野外ロックフェスでもオオカミの姿で演奏する姿には、「暑くないの?」という心配の声もありますが、そんなことを感じさせない激しいパフォーマンスを見ることができます。

遠目に見るとオオカミが歌っているように見えますが、実は、Tokyo Tanaka、Jean-Ken Johnny、Kamikaze Boyの顔は下顎が開いていて、歌やコーラスができるようになっています。

その姿はライブ映像などには映らないように編集されているので、生のライブでその姿を確認してみるのも良いかもしれません。

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)へのアンチコメント

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

そんなマンウィズですが、楽曲やライブが人気なのとは裏腹に、アンチなコメントも多くあるのは確かです。

そういったアンチな意見をまとめつつ、なぜそういう意見が出るのかも考察してみます。

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)はださい?

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

アンチなコメントの一つとして、マンウィズがダサいという声があります。

・かぶりものが珍しいだけで曲はいたって普通

・実力のないイロモノバンド

・狼マスクを被っただけのネタバンド

・コミックバンド

・ジャケットが極限にダサい

・若手とは思えない、古く臭さがダサい

というような声は、なぜあるのでしょうか?

まずはオオカミというビジュアルと設定が理由にあると思います。

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

マンウィズにはオオカミのビジュアルである所以として、

「19XX年、地球は戦禍の炎に包まれていた。

国と国、人と人、世界が互いの富と名声を戦争という、

時の権力者達のエゴイスティックなゲームにより勝ち取り、奪い合った時代。

地球の最果て、エレクトリックレディーランドの天才生物学者、

ジミー・ヘンドリックス博士(趣味:ギター)がその狂気の研究を完成させていた。

究極の生命体『MAN WITH A MISSION(MWAM)』(使命を持った男)。」

というような設定があります。

地球を救うために生まれたオオカミの顔をしたヒーローというこのキャラクター設定が、イロモノバンドやネタバンド、コミックバンドと言われる理由だと思います。

一部の人には、ふざけているように見えたり、コント的なノリに見えるのかもしれません。

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

ジャケットがダサいと言われるのも、このビジュアルと設定があるがために、カッコ良く見せても、逆にふざけているように見えてしまうのだと思います。

でも、実はそういう見方をされるのも、マンウィズの戦略と言えるかもしれません。

また、そのギャップがカッコ良く見えたり、楽しめる要因になっているのも事実です。

楽曲が古臭いと言われるのは、1990年代後半に流行ったようなミクスチャーやメロコアの要素が感じられるからかもしれません。

「MAN WITH A MISSION」というバンド名の由来も、1980年代から活動しメロコアの元祖的なアメリカのロックバンド「Bad Religion(バッド・レリジョン)」の楽曲名から取っています。

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

また、メロコアとラップを掛け合わせたミクスチャー的な要素を持つアメリカのロックバンド「ZEBRAHEAD(ゼブラヘッド)」とのスプリット盤をリリースしていたりもして、そういった点からも音楽性としては新しいジャンルというわけではありません。

でも、ライブで盛り上がる音楽性で、キャッチーなメロディが万人受けしやすいのも事実です。

音楽性は好き嫌いや、新しさ古さをどう感じるかは人それぞれですね。

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)は嫌い・気持ち悪い?

 

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)ダサい・嫌い・気持ち悪い?アンチの意見まとめ

 

・被り物して話題作りしてるのが嫌い

・オオカミの毛並みがリアルで気持ち悪い

・真夏のライブとか臭そう

そんな意見もあります。

あのオオカミの被り物が好きか嫌いかも個人によって違うかと思います。

オオカミの被り物のリアルさが気持ち悪いとか、臭そうという意外な意見もありますね。

まとめ

今回は、MAN WITH A MISSION(マンウィズ)について、ダサい・嫌い・気持ち悪い?など、アンチの意見をまとめてみました。

結局、人気が出ると同時にアンチも出てくるのは当然。

アンチ意見は人気の裏返しなので、そう考えるとマンウィズの人気も絶大と言えますよね。

おすすめの記事