SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

2022年元日からYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」でのパフォーマンスが話題となっているSixTONES

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

ジャニーズグループ初参加としても話題になりましたが、なんといってもその歌唱力の高さに驚く人が多く、これまでジャニーズの楽曲を聴いてこなかった人々からも称賛の声が相次いでいます。

歌が上手い!実力派のSixTONES

SixTONESはデビューから2年足らずですが、デビュー当初から歌の上手さに定評がある実力派のグループです。

歌番組などでのパフォーマンスを行うたびに「全員歌がうますぎる」「口から音源」と話題になっていました。

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

しかし、激しいダンスをしながら生歌を披露するのは難しいのでは? SixTONESも結局は口パクしてるのでは? と疑問に思う人もいるようです。

そこで今回は、SixTONESメンバー6人の歌声を分析しながら、本当に歌番組で口パクをしていないのか、生歌であることが分かるエピソードとともに検証したいと思います!

SixTONESメンバー6人の個性豊かな歌声を分析!

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

SixTONESはそれぞれが全く異なる個性を持っていますが、メンバー全員が集まると、永遠におしゃべりをし続ける仲良しグループです。

人柄だけでなく歌声にも全く同じ傾向があり、それぞれ個性豊かな歌声を持っているのにも関わらず、6つの音が揃うと不思議なほど調和のとれた、まるでオーケストラのような音を生み出すのです。

ここからは、6人それぞれに焦点を当てて、その歌声を徹底分析していきます。

高音の京本大我・低音の松村北斗

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

6人それぞれと言いながら、最初からコンビでの歌声分析になってしまいましたが、この2人の歌声はぜひともセットでご紹介したいです。

事務所公認の不仲コンビ(現在は仲良くなりつつあります笑)である京本大我さんと松村北斗さんですが、とにかく2人の歌声の相性が良いのです!

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

SixTONESのメインボーカルでもある京本大我さんは、ミュージカルに出演するほどの美声の持ち主で、のびやかな高音が瞬時に出せる技術が凄すぎるとミュージシャンも絶賛しています。

一方松村北斗さんは、低音から高音までそつなく歌いこなせる声の持ち主ですが、特に低音パートでのセクシーな歌声が話題を呼んでいます。

 

それぞれ高音と低音に定評がある2人ですが、2人の声が合わさると、京本さんの高音の伸びを支える松村さんの低音が心地よいハーモニーを生み出し、聴き入ってしまうこと間違いなしです。

高音も響かせるラッパー田中樹

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

SixTONESの代名詞とも言えるラップを担当している田中樹さん。

ラップの技術には定評があり、大型音楽番組でヒップホップユニットCreepy Nutsとコラボレーションをした際にも、ラップの対応力を絶賛されていました。

しかし、実はラップだけではなくハモリや高音パートもこなせる実力の持ち主で、メンバーからも「実は歌も上手い」と語られています。

安定感抜群の歌声を持つジェシー

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

京本さんとともにメインボーカルを務めているジェシーさんですが、とにかく歌の安定感が抜群で、柔らかな歌声が特徴です。

音程をほとんど外さないので、音楽番組では音源と全く変わらない歌声を披露しています。

アメリカと日本のハーフで英語の発音がとても綺麗なので、英語の歌詞が多いSixTONESの楽曲には欠かせない声の持ち主です。

透き通る"キャラメルボイス"の森本慎太郎

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

SixTONESの元気印!

愛すべき末っ子キャラである森本慎太郎さんは、逞しい見た目とは裏腹に、透き通った甘い歌声を持っています。

本人は自分の声が嫌いと言っているようですが、森本さんのキャラメルボイスがあるからこそ、"ギラギラで怖い"と思われがちなSixTONESの中和材料となり、明るく爽やかな楽曲も評価されるのだと思います。

明るい歌声で5人を包み込む高地優吾

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

SixTONESの中ではあまり歌が上手くないのでは?と噂されている高地優吾さんですが、全くそんなことはありません!

難しいパートも難なくこなし、柔らかく包み込むような歌声を響かせます

中音域に厚みを持たせる明るい歌声の持ち主なので、個性豊かな歌声をまとめあげるまさにリーダー的存在の歌声だと言えます。

"口パクしないジャニーズ" SixTONES

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

SixTONES生歌でのパフォーマンスが主流です。

しかし、普段SixTONESの音楽を聴かない人にとっては、本当に生歌なの?と疑問に思うことも多いと思います。

確かに、多くの楽曲で激しいダンスをしながら全員が安定した歌声を披露しているのですから、疑われてしまうのも無理はありません。

そんな彼らが生歌でパフォーマンスしていることが分かるエピソード1つご紹介します。

口パク疑惑を吹き飛ばすジェシーの"歌詞間違い"

ミスによって生歌であることを証明するのは忍びないですが、歌詞間違いによって口パク疑惑が吹き飛ばされたのが、2021年の12月に放送された大型音楽番組でのパフォーマンスです。

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

この時は最新曲「Rosy」を披露したのですが、ジェシーさんが歌詞を間違え、一瞬声が聞こえなくなる場面がありました。

本来は松村さんと2人で歌うパートだったのですが、途中から松村さん1人の声になり、最後は2人での歌唱に戻った場面で、もしかして歌詞を間違えた?と指摘するファンが多くいました。

ジェシーさんは2020年にも歌詞間違いがありましたが、これはまさしく生歌だからこそのハプニングです。

歌詞が画面に表示されているので、普段SixTONESの楽曲を聴かない人から見ても、口パクではないことが分かりやすいエピソードなのではないかと思います。

まとめ

SixTONESの個性豊かな歌声を徹底分析!歌番組では口パクしないって本当?

今回は、SixTONESメンバー6人の歌声を分析しながら、生歌でのパフォーマンスが証明されたエピソードをご紹介しました。

全員歌が上手いのはもちろんですが、自分たちの生の音楽を届けたいという思いが強いからこそ、生歌での歌唱を貫いているのではないでしょうか。

これからも口パク疑惑を吹き飛ばす勢いで生歌での歌唱を貫き通すことで、アーティストSixTONESとしても世界にはばたき、多くの人々の心に響く音楽を届けてくれるグループになるのではないかと思います。

おすすめの記事