スノーマン(snowman)向井康二はなぜ加入した!?新メンバーに選ばれた理由!

2020年1月22日、ジャニーズ事務所から、SixTONESとともにデビューしたSnow Man

そんなSnow Manのメンバー、向井康二さんは、実は元々はSnow Manのメンバーではありませんでした。

向井康二さんは、どうして Snow Manの一員になったのか。

今回は、そんな向井康二さんの加入の経緯についてお話します!

スノーマン(snowman)向井康二さんの経歴

まずは、ざっくりと向井康二さんの経歴に触れたいと思います!

 

向井康二さんの生い立ち

1994年6月21日生まれで、日本人のお父様とタイ人のお母様の元に誕生しました。

1歳のころ、奈良県に移り住んだようです。

また、小さいころからムエタイをやっていたそうです。

あの身体のしなやかさと、アクロバティックなパフォーマンスの激しさは、タイがルーツだったのですね!

向井康二さんは関西ジャニーズJr. だった?

たまたまムエタイのジムを訪れていた、ジャニーさんからの猛烈なアタックで、ジャニーズ事務所に加入。

2006年に関西ジャニーズJr.として活動を開始しました。

関西ジャニーズJr.では、ムエタイ向井ブラザーズLittle GangsShadow WESTKin Kanのメンバーとして、活動を行ってきました。

ムエタイ向井ブラザーズはなんと本当のお兄さんとのユニットだそうです!

兄弟でジャニーズって本当にすごいですね!

Snow Man の結成

2012年5月、滝沢秀明さんのプロデュースで Snow Man が結成されました。

当初は、深澤辰哉さん、佐久間大介さん、渡辺翔太さん、宮舘涼太さん、 岩本照さん、阿部亮平さんの6人の予定でした。

デビュー前から、豪快なアクロバティックなパフォーマンスで注目を集めていました。

Kis-My-Ft2や、A.B.C-Zなどの先輩のバックダンサーも務めており、2016年には年間総ステージ出演数が200を超えていたそうです!

もはや、デビュー前の活躍ではありませんね。

当然ながら、ファンも既にたくさんいました。

Snow Man に新メンバー加入

2019年1月22日、Snow Man に新たに3人が加入し、9人体制となることが、発表されました。

その時の3人が、向井康二さん、目黒蓮さん、村上舞都ラウールさんです。

これには、当時のファンも驚きで、否定的な意見も多くありました。

向井康二さんは関西で活動する予定だった?

向井康二さんは、関西ジャニーズJr. で、なにわ男子として活動するという噂もあったようです。

なにわ男子加入はあくまで噂で、色々な憶測が出回っていますが、真偽のほどは定かではありません。

ただ、少なくとも関西ジャニーズJr. を引っ張っていく存在として、期待されていました。

そのような背景から、向井康二さんが Snow Man に加入すると発表されたときは、関西ジャニーズJr. のファンからも、ショックだという声も挙がりました。

関西勢からすれば、ジャニーズに裏切られたという感情を持っても仕方ないのかもしれません。

向井康二さんはなぜSnow Man に加入したのか

当時、ジャニーズ事務所の役員で、後に副社長となった、滝沢秀明さんから声がかかったようです。

しかし、理由は明らかにされていません。

いくつか説があるので、紹介します。

向井康二さんと組めるグループがなかった

当時の関西ジャニーズJr. は、活躍していたメンバーが抜け続け、一部で「焼け野原」と揶揄されるような状態でした。

そんな中、人気も実力もあった向井康二さんが入ると浮いてしまうという事態になってしまいました。

向井康二さん自身が引っ張っていくことを期待もされていましたが、ついていける人がいなかったのです。

だからこそ、向井康二さんが Snow Man に加入が発表され、関東に行くことが確定したときに、落胆の声が大きいものとなりました。

前述のなにわ男子加入説に関しても、年齢、キャラを鑑みても実現は難しかったのかと思われます。

Snow Man に盛り上げ役がいなかった

Snow Man はステージのパフォーマンスこそ凄くても、バラエティ番組や、トーク番組で爪痕を残せるようなグループではありませんでした。

そこで、トークも笑いも長けている、向井康二さんを Snow Man に加入させ、変化させようとしていた、という説です。

このように、滝沢秀明さんが考えていたとしたら、結果としては、Snow Manもしっかりバラエティ番組で対応力がついてきており、正しい判断だったと言えます。

引退を考えていた

向井康二さん自身が引退を考えていた、という情報もありました。

ムエタイ向井ブラザーズで一緒だったお兄さんもかなり昔に引退していますし、仲の良かった、金内柊真さんも美容師になるために引退しています。

同じく仲の良かった、平野紫耀さん、永瀬廉さんは King & Prince としてデビューしています。

同時期に入った方々の活躍を見てると孤独感はあったようです。

雑誌「Myojo」での10000文字インタビューでも、カウンセリングを受けていたと告白していますし、悩んだ時期もあったようです。

しかし、これほどの逸材を逃す訳にはいかないと、滝沢秀明さんが引き止める際に、Snow Man加入の案を出し、東京に呼んだ、という事です。

まとめ

向井康二さんが、Snow Man に加入したことは、滝沢秀明さんの案だったことは間違いありません。

しかし、その胸中ははっきりと明言はされていませんでした。

ただ、加入当時は賛否両論だったものの、現在は向井康二さん含め、9人体制でのSnow Manを応援している声も大きくなっていて、支持されています。

結果、今の Snow Man を見ていると、向井康二さんが加入してくれたことは正解だったと思います。

今まさに活躍している、Snow Man。

しかし、デビューまでの道のりは険しいもので、新加入した3人と元からいた6人、どちらも複雑な心境でありました。

これから、さらなる活躍をしていくと思うので応援していきたいですね!

おすすめの記事