OCTPATH(オクトパス)はオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」出身の8人組ボーイズグループです。

OCTPATHのメンバーのオーディション最終順位は何位だったのか気になりますよね?

そんなOCTATHのメンバーのオーディション最終順位を一覧でご紹介します♪

octopath(オクトパス)のファイナリストメンバー

ファイナリストとは?

PRODUCE 101 JAPAN SEASON2は第二回順位発表式で「20位まで」の順位を獲得した練習生と、「20位以下の練習生の中でグローバル(海外からの投票)順位が一番高い」練習生の合計21人が地上波のテレビで生放送される「ファイナルステージ」へ進出できるというシステムでした。

ファイナルステージへ進むことができた練習生は特に「実力」や「人気」がある練習生ということになります。

octopath(オクトパス)・太田駿静

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

OCTPATH(オクトパス)の太田駿静(おおた・しゅうせい)さんの最終順位は「14位」です。

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

最終順位11位までがINI(アイエヌアイ)としてデビューすることが出来たので、最終14位というのはかなり惜しい結果でした。

octopath(オクトパス)・海帆

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

OCTPATH(オクトパス)の海帆(海帆)さんの最終順位は「19位」です。

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

番組中ポジション評価ではラップ部門で「1位」を獲得した「日プの№1ラッパー」の元練習生です。

octopath(オクトパス)・冬馬

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

OCTPATH(オクトパス)の冬馬(とうま)さんの最終順位は「20位」です。

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

ファイナルステージで披露された「RANWAY」ではセンターを務め、伝説的なステージを見せてくれた元練習生です。

octopath(オクトパス)の最終順位21位以下のメンバー

octopath(オクトパス)・四谷真佑

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

OCTPATH(オクトパス)の四谷真佑(よつや・しんすけ)さんの最終順位は「22位」です。

21位までの練習生がファイナルに進出することが出来たので、本当にギリギリのところで脱落してしまいました。

ファイナルステージではその優しい声でナレーションを務めた元練習生です。

octopath(オクトパス)・栗田航兵

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

OCTPATH(オクトパス)の栗田航兵(くりた・こうへい)さんの最終順位は「23位」です。

octopath(オクトパス)・小堀柊

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

OCTPATH(オクトパス)の小堀柊(こぼり・しゅう)さんの最終順位は「24位」です。

octopath(オクトパス)・高橋わたる

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

OCTPATH(オクトパス)の高橋わたる(たかし・わたる)さんの最終順位は「30位」です。

octopath(オクトパス)の最終順位がないメンバー

octopath(オクトパス)・古瀬直輝

octopath(オクトパス)のメンバーのオーディション最終順位について

OCTPATH(オクトパス)の古瀬直輝(こせ・なおき)さんには最終順位が「ありません。」

第一回順位発表式では60人中の「17位」というとても高い順位を残しています。

しかし新型コロナウイルスへの感染により合宿に合流する事が不可能になり、「棄権」することになってしまいました。

octopath(オクトパス)の不思議な縁

PRODUCE 101 JAPAN SEASON2の第一回順位発表式では60人の練習生の内、上位40位までがオーディションに残留することが出来ました。

41位から60位までの練習生はそこまでで脱落してしまったということです。

OCTPATH(オクトパス)の古瀬直輝(こせ・なおき)さんは17位という高い順位を獲得したものの、合宿への参加が不可能になり棄権せざるを得なくなりました。

その為、オーディションに参加できる枠が1つ空き「41位」だった練習生が繰り上げでオーディションに復帰できることになりました。

なんと、その41位だった練習生がOCTPATHのメンバー「高橋わたる(たかはし・わたる)さん」だったのです!

高橋わたるさんは「脱落した練習生の為にも」と廻ってきたチャンスを無駄にせず、その後の番組中の課題曲で2度もセンターを務めました。

2度もセンターを務めた練習生は、オーディション全体で見てもほんの少ししか居ません。

ファイナルへ進出することは出来ませんでしたが、41位で脱落するはずだった順位を大幅に上げ「最終30位」という成績を残しました。

新型コロナウイルスによって運命を大きく左右された古瀬直輝さんと高橋わたるさんが同じOCTPATHというグループで活動することになるなんて、不思議な縁を感じますよね。

本人達も運命的な縁を感じているようで、インタビューなどでもエピソードを語ることがよくあります。

まとめ

OCTPATH(オクトパス)のメンバーのオーディション番組PRODUCE 101 JAPAN SEASON2での最終順位をご紹介しました。

オーディション番組が終了している今はもう順位はあまり関係ない事ではありますが、最終順位で見ても実力や人気を兼ね備えた8人が揃ったことがよくわかりますね。

デビューを目前に控えたOCTPATHの活躍が楽しみです!

おすすめの記事