嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

嵐といえば1999年9月15日に結成され、今やテレビで見ない日はないと言っていいほど

人気が収まらないグループですね。

また2020年12月31日をもってグループを活動休止しているにも関わらず

ファンクラブ会員数約305万人(2022年1月)と絶大な人気を誇る国民的アイドルグループです。

複数人でいると必ずできてしまうのが人気の差。

今回は、メンバー個人の人気についてまとめてみました。

嵐のメンバー人気ランキングは一体・・・

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

グループで活動を行っていた当時から、人気ランキングなどつけられていた5人ですが、

活動休止に伴い、表舞台から一度離れていたり、個人活動を行うようになったことにより

メンバー内の人気格差がさらに開いてきてしまったようです。

現在ネットなどで囁かれている人気ランキングは次のようになりました。

 

【1位】 櫻井翔

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

1982年1月25日生まれ。39歳。

ニュースキャスターの顔を持ちながら、バラエティーではユニークな一面も持ち合わせる

彼が1位というのは納得がいくのではないででょうか。

また、東京オリンピックのスペシャルナビゲーターに抜擢されていたり

大型音楽番組のMCに長年抜擢されるなど、なんでもこなしちゃう櫻井さん。

しかし、かなりの料理下手な姿は逆に人間らしくて好きな人は多いように見られます。

大野さんとは違ったギャップ王子ですね。

また、『謎解きやディナーのあとで』影山役の毒舌キャラも多くの人に好かれているようです。

 

 

【2位】 大野智

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

1980年11月26日生まれ。41歳。

嵐の最年長でありリーダーである彼は穏やかで可愛らしい一面、

歌やダンス、絵画、粘土工作、さらには趣味である釣りにおける船舶免許取得など多彩な才能で有名です。

嵐の中で最もギャップがある人物のように感じます。

また、『世界一難しい恋』や『鍵のかかった部屋』での大野さんの演技に惹かれた方も多いのではないでしょうか

活動休止後に表舞台に立つことはなくても人気を維持している大野さんはすごいですね!

ぜひ、大野さんのまた歌って踊っている姿を見たいです。

そのためにも今はゆっくりと休んでほしいですね。

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

 

【3位】 相葉雅紀

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

1982年12月24日生まれ。39歳。

無邪気な笑顔がチャームポイントの相葉君。

また、フレンドリーな人柄がにじみ出ているところも相葉さんの魅力ですよね。

「VS嵐」の後継番組を任されることや、櫻井君とともに東京オリンピックのスペシャルナビゲーターを

したことなど、マルチに幅広く活躍しています。

また、嵐の中で最も多く3本ものバラエティーも出演しています。

相葉さんはとても頑張りやなイメージを持つ方も多いと思います。

だからこそ今の現状も頑張りすぎず、相葉さんらしいやり方で頑張ってほしいですね!

これからの個人の活動も期待したいです。

相葉さんといえば、175cmで嵐で一番の高身長でスタイルも良いことで有名です。

またベストジーニストの殿堂入りも果たしている彼の人気は高いでしょう。

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

 

【4位】 二宮和也

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

1983年6月14日生まれ。38歳。

ニノの通称で人気の彼。

俳優業はもちろん、バラエティーなどでもかなり活躍をしていました。

また二宮さんの作る音楽もとても素敵で魅力の一つです。

彼もまた、大野智さんと同じく多彩な才能の持ち主で有名ですね。

音楽となるとやはり個人の活動をしている今は聞くことができないので、

いつかまた、二宮さんらしい音楽を聞ける日が来ることを願っています。

さらにゲーマーとしても有名な二宮さんは、

YouTubeの登録チャンネル数200万人を突破し勢いに乗っていますね!

近々お父さんとなる新しい彼の一面に、ぜひ期待したいです。

 

そして、嵐の中で最も不人気メンバーとなってしまったのは・・・

 

ワースト1位 松本潤

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

1983年8月30日生まれ。38歳。

昔からこのような順位をつけられてしまう松本潤さん。

かなりストイックなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

そういったところから、他のメンバーに人気が流れてしまうのかもしれませんね。

また活動休止後は、他のメンバーのように表舞台にあまり立っていなかったので

このような結果になってしまったのかもしれません。

そんな松本さんですが、プロヂュース能力に長けていて後輩グループのコンサートの

演出にも携わっています。

また、俳優業としても多くの場面で活躍されています。

2023年の大河ドラマも、松本さんのストイックさが垣間見れるのではないかと期待している

ファンも多いようです。

松本さんもまた、多くの才能の持ち主であるのではないでしょうか。

ぜひ、さまざまな一面がたくさんの人に知ってもらいたいですね!

 

まとめ

今回は、順位をつけるならばということで考えました。

ですが個性がバラバラの5人だからこそ、お互いの個性が目立ち、カバーしあうため

嵐というバランスの取れたグループが成り立つのだと思いました。

今回嵐についてたくさん調べていた中で、メンバー各々のいいところを改めて知ることができました。

今は個人それぞれの活動にはなりますが、個々が長所をさらに磨き

メンバーが集まった際には、今までよりもさらにグレードアップした嵐が見れることを楽しみにしながら、

また、5人でスポットライトを浴びる日が来るときには人気の格差など気にならないくらいの

嵐を再び世界に巻き起こしてくれることを期待しています!

嵐、メンバー内の人気格差がどんどん開いている現状!不人気メンバーは?

 

おすすめの記事